時々書きます。コメントなどは初見でもどうぞ。

32bitのWindows7から64bitのWindows10に無料アップグレードできた

※この記事は2015年8月に書いたものです。
Windows10 Build 10565以降での「Windows 7/8/8.1のプロダクトキーを使用してWindows10を新規インストール」という無料アップデートの方法については検証していません。
またWindows10への無料アップデート期間は終了しています



すでにネット上に少し出回っているのですが、Windows7/8.1対象のWindows10無料アップグレードにおいて32bit版Windows7/8.1から64bit版Windows10に無料アップグレードができるようなので試してみました。

方法は以下のとおり
手順1.Windows7(32bit版)からWindows10(32bit版)に通常どおりアップグレード
手順2.マイクロソフトのページからダウンロードしたWindows10(64bit版)のメディアを用い、クリーンインストール

つまり、Windows7 32bit⇒(アップグレード)⇒Windows10 32bit⇒(クリーンインストール)⇒Windows10 64bitと進みます。

1度Windows10にアップグレードしたPCであれば、Windows10 64bitのクリーンインストールでも問題なくライセンスが通ります(インストール中のプロダクトキーの入力はスキップすればOK)。これはWindows10にアップグレードしてるPCの情報がマイクロソフトのサーバーに記録されているから…らしいです。32bit同士/64bit同士であればライセンス通るのは知られていますが、違っても通るみたいですね。ちなみにPC構成が変わるとアウトらしいので注意です。

以上の方法を元に、lenovo ThinkPad X220をアップグレードしてみました。もともと入っていたOSはWindows7 Professional 32bit版です。これをWindows10 Pro 64bit版にしてみたいと思います。

なお、この記事に書いてある通りに実行して何かあっても自己責任でお願いします。念のため。
また元のOSのリカバリディスクなり復元ドライブなりを作成しておくことを強く推奨します。これらを作らずにWindows10へのアップデートが失敗し、元のOSのリカバリ領域が壊された場合、PCが高級な文鎮と化します。
さらに、特にメーカー製PCのOSをクリーンインストールする場合、ドライバが入手できないことがあります。Windows10になり大抵のドライバはUpdateで入手できるようになりましたが、念のため事前に調べておくことをおすすめします。MicrosoftOfficeなどのインストール方法も事前に確認しておきましょう。

キャプチャ

手順1.Windows7(32bit版)からWindows10(32bit版)に通常どおりアップグレード

まずは通常通りの方法でWindows7を10にアップグレードします。
通知領域のアイコンから予約 して待っててもいいのですが、今回はマイクロソフトのページからツールをダウンロードしてアップグレードすることに。 今入ってるOSが32bit版なので、32bit版のツールをダウンロードして使います。

インストールメディアを作成するのではなく、「このPCを今すぐアップグレードする」でそのままアップグレードさせることに。たぶんいちばん楽。


キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ2

ダウンロード、メディアの作成、更新プログラムの確認、ライセンス条項、引き継ぐ項目、などいくつかの工程を経ます。指示通りに進めばOK。
「引き継ぐものを変更」で「何も引き継がない」とするとライセンスまで引き継がれないといった報告もありますがどうなんでしょう…

このあと「インストール」を押すと下の写真のようになり、もう後には戻れません。
DSC00166
DSC00167
(画面汚いし写り悪い…)

このまましばらく待つとパスワードの入力を求められます。その後設定などをする画面になります。この辺はお好みで。そもそもすぐにクリーンインストールしますし。
DSC00169

これで手順1が完了、Windows10の32bit版にアップグレートできました。
設定などを引き継いだアップグレートですので、Windows7時代のファイルなどは当然そのまま残っています。
念のため、ここでライセンスがきちんと認証されているか確認します。
無題
キャプチャ
↑肝心な部分の画像をトリミングしてしまいましたが、システムのプロパティ画面の一番下の部分で、ライセンス認証がされてるか確認できます。


手順2.マイクロソフトのページからダウンロードしたWindows10(64bit版)のメディアを用い、クリーンインストール

こちらでもマイクロソフトのページからツールをダウンロードして使います。手順1でのアップグレードで使ったツールと同じですので、ダウンロードフォルダに残ってる人はそれを使えばOKです。
(自分は手順1でのアップグレード中に同時並行で、別のタブレットでダウンロードを行いました。少し時短になります。)

「ほかのPC用にインストールメディアを作る」を選択。もし対象のPCで作業していたとしても、この選択肢を選んでください。そうしないとインストールメディアを作れません。
キャプチャ

言語はお好きなものを。
エディションは元々入っていたOSに合わせて選択します。Win7 HomePremiumやWin8.1(無印)などならWin10Home、Win7ProfessionalやWin8.1ProなどならWin10Proです。これをきちんと選ばないと、ライセンスが認証されないはずです。
アーキテクチャは、今回は64bit版にするのが目的なので、64bitを選択。ここの選択肢に「両方」というのがありますが、どちらか片方のもので良いと思います。
キャプチャ1

メディアもお好きなものを。自分はDVD-Rが腐るほど余ってたのでISOファイルで。保存する場所を選ぶとダウンロードが始まります。
USBフラッシュドライブを選択した場合は、この後ドライブを選択すると書き込みが始まると思います。
キャプチャ2

ダウンロードが終わったらDVD-Rに書き込んで、インストールメディアの作成は終了です。
因みにWindows7以降であればOS標準でISOファイルが書き込めます。意外と知られてない気がする。

インストールメディアの作成が完了したら、DVDドライブなりUSBポートなりにそれを入れて、そのメディアからブートします。元のOS(Win10 32bit)上で中のファイルを開いても何もできません。
ブート順変えるのにBIOS弄る必要があるかもしれないです、わからない人はggるなり諦めるなりしてください。

ブートが成功して少し待つと、すごく見慣れた画面になります。
DSC00170


基本的には今までのWindowsのインストールと同じですが、プロダクトキーの入力は冒頭にも述べたようにスキップします。
DSC00175


あとは普通に進めるだけ。今回はカスタムインストールを選択。
32bitから64bitにするときにアップグレードはできない…はず
DSC00176

Windows7時代のパーティションが残ってたので、全部消して1つにしました。
DSC00177
DSC00178

こちらも見慣れた画面です。放置して別の作業してたので、所要時間はわかりません。
DSC00179

インストール完了後、セットアップの段階で再びプロダクトキーを聞かれます。こちらも「次へ」を選択。
DSC00180

残りは設定とかアカウント設定とかです。こちらも指示通りに。
以上でおしまい。

システムのプロパティを見ると、64bit版でも無事にライセンス認証されてることがわかります。 キャプチャ



というわけで32bit版Win7を無料で64bit版Win10にできました。2回もOS入れ替えるのでとにかく時間と手間はかかりますが、まだ使えるけど32bit版OSなマシンを延命するのには良いかもしれません。
ただ、この方法が正式なものなのか裏技なのか不明です。また突然Microsoftがこの方法をアウトにして認証を切る可能性も考えられます。
まあ現状何も起きてないので、とりあえずこのまま使おうと思います。
(せっかくなのでメモリ増やしたいんですが、それだけでPC構成変わった扱いで認証通らなくなったりするのかしら…)  追記:メモリを4GB(2×2)から8GB(4×2)に変えてもライセンスそのままでした。今回の環境ではメモリ増やす程度では大丈夫っぽいです。

映画の特典フィルムをプリンタ複合機(PIXUS MP990)でスキャンして印刷してみた

最近、映画の入場者特典やBlu-ray特典としてフィルムを4コマ~5コマに切ったものが配布されることが増えてきました。
自分も諸事情ありラブライブのフィルムを3枚も入手しましたので、自宅のプリンタ複合機(Canon PIXUS MP990)でスキャンして印刷してみました。

DSC00055


※フィルムスキャン対応のプリンタ複合機について
フィルムスキャンが可能なスキャナ付きのプリンタ複合機は現行機種にはありません。
まず、フィルムスキャンは技術的にCCD方式のスキャナでないとできません。しかし最近のプリンタ複合機のスキャナは全てCIS方式のため、フィルムスキャン機能はついていません。
(Canonは2011年頃、
EPSONは2007年頃にCCDスキャナ搭載機種が無くなったようです。)
スキャナ単独のものであれば、EPSONにもCanonにもフィルム対応機はまだありますが、お高いです。
CIS方式でフィルム対応のスキャナも過去にはあったようです。

現実的には、映画の特典フィルムをスキャンするだけであればフィルムスキャナ専用機を買うのがベストでしょう。
Amazonで5000円くらいで売ってるものでも、映画の特典フィルムがスキャンできるみたいです。もしくはフィルムの現像サービスをやっているお店に持っていくか。

もし家にフィルムスキャン対応のプリンタ複合機がある場合は、追加投資なしでスキャンできますので試してみると良いと思います。


・スキャンしてみる
というわけで、今では貴重らしいフィルムスキャン対応プリンタ複合機が家にありますので、映画の特典フィルムをスキャンをしてみました。
使ったのは冒頭にも書いたとおりCanonのMP990。2009年夏のモデルです。

まずはフィルムをスキャナにセットします。
方法は機種によって違うと思うのでマニュアル参照。
くれぐれもフィルムの扱いには注意してください。小さなホコリでも目立ちます。





映画フィルムは、幅は写真フィルムと同じで35mmですがコマの入り方が違い、写真フィルム1コマ分の場所に映画フィルムは2コマ入っています。写真6コマ分のホルダーであれば映画12コマを1度にスキャンできます。
ラブライブの映画フィルムは4コマ分のため3枚収まりますが、他の映画のほとんど(まどマギやけいおん、アイマスやハルヒなど)は5コマらしいので、2枚しか収まりません。
そもそも同じ映画の特典フィルムを何枚も持ってるのがおかしいわけですが。

MP990では、フィルムに限ってはプリンタ本体の操作でできるのは直接印刷のみ(USBメモリやSDカードに保存するのは不可)なので、画像として保存したいのであればPCから操作する必要があります。
今回はMP Navigator EXからスキャナドライバ(ScanGear)を起動し、拡張モードを使用しました。詳しくはマニュアルを。



↑スキャナドライバの拡張モードでプレビュー(プレスキャン)してみたところ。
設定は35mmフィルムカラーポジフィルム
見ての通り、1枚の画像に2コマ入っています。これは前述の写真用と映画用のフィルムの違いのためです。

このプレビューの段階で、スキャン領域が設定されるようです。1枚1枚設定するようで、「入力設定」のところのサイズがそれぞれ違います。よく見ると、黒い余白の入り方が6枚で微妙に違うのがわかると思います。
この影響で、特に5枚目6枚目が顕著ですが、コマごとの縦幅(映像での横幅)が違うように見えます。そもそも5枚目と6枚目ではスキャン領域が違うためで、実際に画像化してトリミングすると同じサイズ(ピクセル数)になってますので、問題無いです。
また、1枚目と2枚目の左端(映像での上辺)や4枚目~6枚目の右端(映像での下辺)がはみ出ています。色々弄ってみましたが、一旦領域が設定されるとどうしようもないです。ホルダ上のフィルムの位置を微調整すれば全体が入るように読んでくれることもありますが、12コマ全部が一度に入るようにするのはほぼ不可能です。2コマに1コマはほぼ必ず欠けずに入りますので、全コマスキャンしたい場合は何回かに分けるのが良いでしょう。

また上辺(映像基準では右辺)がはみ出ているようです。そもそもフィルムホルダーに映像コマ部分がコンマ数ミリほど隠れているため、どうしようもないです。

スキャン設定ですが、解像度はとりあえず選べる最高の4800dpiにしてみました。
映像部分をFullHDに仕上げるには1500dpiくらい…?
その他の設定は、当たり前ですが写真用のスキャナなので、アニメの映画フィルムには最適化されてないはずです。スキャンしてから画像加工ソフトで調整したほうがいい気がします。

あとはスキャンボタンを押して放置するだけです。設定によりますが、4800dpiで6枚分だと1時間ほどかかりました。その後保存操作をすれば画像ファイルが出てきます。
画像ファイルの形式はJPEG、TIFF、BMPが選べますのでお好みで。



画像が出力できたら、クロップ(トリミング?)したり色を調整したりして完成です。

ホルダに映像が隠れていてコンマ数ミリの領域がスキャンできないのが残念ですが、肉眼より圧倒的に綺麗だし細かい部分まで見れますので、満足です。
当時はフィルムスキャンのことは考えずに最上位機種を買ったのですが、正解でした。

・印刷してみる
アニメ映画は基本的に16:9です。通常の写真用紙(L判やKGサイズ、六切サイズなど)で印刷すると、当然上下に余白ができるか、左右が欠けます。
登場キャラが中心にいるようなフィルムなら左右を切ればいいんですが、今回のように1枚に複数人写ってたりすると全領域をプリントしたいわけです。
そこで探してみると、ハイビジョンサイズなる光沢写真用紙をEPSONが出してることを発見。102×181mmでほぼ16:9。ヨドバシで20枚781円。早速買ってきました。
ちなみにCanonにも過去にワイドサイズ(101.6×180.6mm)の用紙があったがすでに生産終了、他のメーカーにもありません。
CanonのプリンタでEPSONの用紙に印刷することになるけど仕方ないです。




短辺はKGサイズと同じ、長辺は2Lサイズとほぼ同じと、かなり大きいです。
仮にFullHDサイズ(1920×1080)の画像を印刷するとすると270dpi程度。

フィルムスキャンして編集した画像を印刷するとこんな感じ。



(PASMOは大きさ比較用。下の紙はA4×2枚でA3サイズ。)
印刷はスキャンと同じくPIXUS MP990で。Canon流のワイドサイズ(101.6×180.6mm)に設定してますが0.4mmくらい誤差でしょう。そもそもスキャンの時点で右端が欠けてるのと、フチなし印刷の仕様で少し欠けてるはずです。

参考までにKGサイズとの比較です。
 

KGサイズでも大きく感じるのですが、ハイビジョンサイズはさらに横に長いため、かなり大きいです。
大きい分、スキャン時に混入したホコリも目立ちます(´・ω:;.:...

Blu-rayからキャプチャして印刷すればいいじゃんと言われればそれまでなのですが、やってみると結構楽しいし、自分が貰ったフィルムが写真になって出てくると感動します。
自宅でフィルムスキャンが出来る環境の人はおすすめですのでぜひ。

au LTEスマホ → ガラケーに持ち込み機種変更(シンプルコース適用OKでした)

auのLTEプランの回線をガラケーに持ち込み機種変更してきました。
持ち込みではシンプルコースが適用できないとの情報が色んな所にありますが、結論から言うと
持ち込み機種変更ではシンプルコース適用OK
でした。

ただし
1.持ち込み新規ではフルサポートコースになる
auのHP内、シンプルコース用料金プランのページに書いてある
au携帯電話の持込みによるご契約の場合は、フルサポートコース用料金プランのご利用となります。
ってのは持ち込み新規のことと思われます。
2.現在(手続き前まで)利用している端末をシンプルコースで購入していることが前提
今までシンプルコース用プランであれば大丈夫(?)かと思われます。

ショップの人も慣れてたっぽく、手続きは10分ほどで終了しました。
毎月割が消えることや保証がつかないことの確認をされたあと、料金プラン聞かれた際に「シンプルコースできますよね?」と聞いたら「はいできますよー」とお返事いただきました。サポートにもメールでできること確認済み。
au Q&Aプラス内に持ち込み機種変更はフルサポートコースとの記述が大量にありますが、全部嘘みたいですね。まあ公式とはいえYahoo!知恵袋みたいな奴なので仕方ない。

かかる費用は4G→3Gの機種変更手数料3000+税だけで、ロッククリア代は不要とのことです。
まだ請求きてないですが、サポートにメールして聞いたので間違いないと思います。 
追記:ロッククリア代かからなかったです。

自分の場合ですが、以下のような手続きになりました。
・LTEプラン→プランEシンプル(もちろんプランSSシンプルなども選択可と思われます)
・LTEフラット→廃止(プランEシンプルにダブル定額スーパーライト相当が自動適用・メールはガンガンメールで無料)
・LTE NET→EZ WIN
・安心ケータイサポートプラス廃止
・テザリングオプション廃止

auスマートパスとかは事前に解除しておくことをおすすめします。解除せずにガラケーにした時にどうなるかは知らない。

機種はOptimus G LGL21からGRATINAに。
GRATINAは未使用品が秋葉原で税込6980円。普通に機種変更すると毎月割考慮しても2万円以上するみたいなので、まあまあかなと。

またスマホ時代にキャリアメールをIMAP/SMTPで別機種で使う裏技(?)を使用していたのですが、それはガラケーに機種変(LTE NETからEZ WINに変更)してもそのまま使えるっぽいです。
SMSでコマンド送って、iPhoneにブラウザ偽装して…ってやつです。
そういやこの場合のパケ代どうなるんだろ…

というわけで今日からガラケー+MVNOな生活に突入です。

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ